日本国国旗

在ヒューストン日本国総領事館

Consulate-General of Japan in Houston

文字サイズ変更

投票の方法

詳細については、次のホームページをご覧下さい。

投票の手続きについては、在外選挙人証に同封される「在外投票の手引き」にも詳しく説明されていますので、ご覧ください。

在外選挙人証をお持ちの方は、下記3つの投票方法のうちのいずれかで投票できます。
 

在外公館投票

  • 当館が設ける投票所で投票する方法です。
  • 「在外選挙人証」と「旅券」等の本人確認書類を持参してください。
 

郵便投票

  • 登録先の選挙管理委員会に対して、投票用紙等の交付請求を行い、入手後に同用紙 に記載の上、再び登録先の選挙管理委員会へ郵送する方法です。
  • 郵便で投票される方で、まだ投票用紙等を請求されていない方は、郵送日数を考慮の上 、早めに請求してください。
  • 郵便投票される方は、「在外選挙人証」と「投票用紙等請求書」(総務省ホームページ等 から入手できます)を、登録先の選挙管理委員会に直接送付のうえ、投票用紙の請求を 行います。投票用紙等請求書への記入に当たっては、投票を希望される選挙の種類を丸 印で囲み、署名欄には在外選挙人名簿登録申請の際に記入したものと同様の署名を、 必ず本人が自署して下さい。なお、在外公館では郵投票用紙の請求は受け付けておりま せんので、ご注意下さい。
  • 投票用紙の請求を受けた選挙管理委員会は、投票用紙を郵便等により直接交付します ・投票用紙の記入及び送付は、公示又は告示の日の翌日以降に行うよう、ご注意ください 。また、投票用紙等は、日本国内の投票日の午後8時までに国内の投票所に到着するよ う、選挙管理委員会宛に送付してください。
  • 投票用紙の記入と送付の手順は次の通りです。

    1) 選挙管理委員会から投票用紙が届いたら(在外選挙人証も一緒に返送されます)、選挙の公示日(又は告示日)の翌日以降に選挙区選挙については薄い黄色の投票用紙に候補者氏名を一つ記入し、比例代表選挙については白色の投票用紙に候補者氏名又は政党等の名称(略称)を一つ記入します。

    2) 記載済みの投票用紙をそれぞれ同じ色の内封筒に封入します。

    3) 外封筒に投票記載年月日、投票記載場所(国名)、投票者の氏名、署名、在外選挙人証の交付番号を記入します。署名は必ず本人が行い、在外選挙人名簿登録申請書に記入したものと同様の署名をして下さい。

    4) 内封筒を外封筒に封入し、更に送付用封筒に入れて封をして登録先の選挙管理委員会に直接送付します(送付費用は自己負担となります)。

 

郵便投票の場合の留意事項

選挙が公示(衆議院の場合は選挙日の12日前、参議院の場合は17日前)されたら、すみやかに「投票用紙」と「外封筒」に必要事項を記入し、登録先の市区町村選挙管理委員会に郵送してください。(送料はご負担いただくことになっています。)
選挙公示前に記入した場合や、郵送した投票用紙が国内の投票日の午後8時までに選挙管理委員会に届かなかった場合は、せっかくの投票が無効になってしまいますので、ご注意ください。

 

日本国内における投票

  • 一時帰国中や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3ヶ月間 )は、「在外選挙人証」を提示のうえ、国内の投票方法を利用して投票することができます 。投票期間や投票方法等の詳細については、登録先の市区町村選挙管理委員会にお 問い合わせください。
 

投票用紙の請求

1) 投票用紙の交付は、任期満了の60日前から、または、衆議院の解散の場合には解散の日から交付を行いますので、郵便の所要日数を勘案して、早めに請求してください。

2) 投票用紙等請求書」を以下からダウンロードして必要事項を記入してください。もしくは適当な用紙に「投票用紙等請求書」と同様の事項をお書きいただいても結構です。

3) 「投票用紙等請求書」と「在外選挙人証」を同封して、登録先の選挙管理委員会宛に郵送してください(選挙管理委員会の住所は、「在外選挙認証」に書いてあります。尚、送料はご負担いただくことになっております。 )

4) 登録先の市区町村選挙管理委員会から、投票用紙が送付されます。その時に「在外選挙人証」も返送されます。