在ヒューストン日本国総領事館

Consulate-General of Japan in Houston

お願い

2013年11月22日

在留届について

在留届とは、旅券法第16条により、外国に住所または居住を定めて3ヶ月以上滞在する邦人は、その住所又は居住を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に提出するよう義務づけられております。
また、在留届を提出していることで、管轄内での事件や事故、災害等が発生した時に、当館から安否確認のための連絡手段を確保できる他、当館からの各種案内メールなども受け取ることが可能です。

もし、当館管轄内の在留邦人の皆様で未だ在留届の届出をされていない方におきましては、ご提出いただきますようお願いいたします。

既に届出されている方の中で、帰国等により管轄外へ移動されている場合や、管轄内にて届け出た住所に変更がある場合には、在留届の「帰国届・変更届」の提出をお願いいたします。同届出が提出されていない場合、未だに管轄内に居住していると認識され、緊急事態などの際に、安否確認等をせざる終えなくなり、実際に滞在されている他の在留邦人の皆様の安否確認作業が遅れてしまう原因にもなりかねません。

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、在留届に関する詳細につきましては、下記ホームページをご覧下さい。

在ヒューストン総領事館ホームページ
(http:www.houston.us.emb-japan.go.jp/jp/info/page0-1.htm)

外務省ホームページ
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html)

 

 

トップへ戻る