ハリケーン・シーズン到来に際しての注意喚起

2021/6/3
1 6月1日から、今年もハリケーン・シーズンが始まりました。2017年には、ハリケーン・ハービーがテキサス州に甚大な洪水被害をもたらしましたが、11月までの6か月間はこうしたハリケーンの上陸に備えておく必要があります。
 
2 米海洋大気庁(NOAA)の発表によると、2021年におけるトロピカルストーム以上の熱帯性暴風雨の発生数は、13~20個(昨年は30個発生)と予測されています。そのうち6~10個(同10個)がハリケーンになり、更に3~5個(同6個)がカテゴリー3以上のメジャー・ハリケーンにまで成長するとの予想です。
 
3 在留邦人の皆様におかれては、防災用品や避難ルートの確認などの準備をお願いします。また、日頃から最新の気象情報や自治体からの指示などにご注意ください。在ヒューストン日本国総領事館作成のハリケーン対策マニュアルもご覧ください。
https://www.houston.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/ryoji_hh_joho.html