ワイランド前ヒューストン日米協会会長への外務大臣表彰の伝達式

2021/6/25


6月18日、在ヒューストン日本国総領事館は、総領事公邸において、ヒューストン日米協会(JASH)前会長のウィリアム・ワイランド氏に対する外務大臣表彰の伝達式を開催しました。
 
まず、福島総領事から、ワイランド氏は、30年以上の長きにわたり、JASHの中核として、日本とヒューストンの友好増進及び相互理解促進のために尽力してきたとして、日本政府及び在留邦人を代表し、心よりお祝いと感謝を伝えるとともに、特に、日本庭園の設立に当たっての多大な貢献や、ジャパン・フェスティバルを立派な日本祭りに発展させた功績をたたえました。
 
これに対し、ワイランド氏は、「自分が心を込めて推進してきた日米交流の仕事について立派な表彰をいただくことに深く感謝したい、JASHを通じた30年余り仕事は自分のみの業績ではなく、妻のリンダやJASHの同僚のおかげである、さらに、日本総領事館は日米友好親善のための大事なパートナーであるので、引き続き協力をお願いしたい」と述べました。
 
その後、福島総領事が表彰状と記念品を手交し、出席者による記念撮影を行いました。