旅券所持証明

令和6年6月10日
当館での証明申請は予約制です。必ず事前にshomei@ho.mofa.go.jpに連絡する等して予約と取ってください
予約を取らずに来館された場合、翌開館日以降の受付となる場合がございますので、予めご了承ください。
証明発行までに書類確認等の作業に非常に時間がかかるため、窓口が非常に混雑し、長時間お待たせする場合がございます。

旅券所持証明

1.使用目的と注意事項

  • 使用目的:申請人が有効な旅券(パスポート)を所持していることを証明するものです。米国においては、ソーシャルセキュリティー番号に代わるIDとして米国歳入庁(IRS)における個人納税者番号(ITIN)取得のためのみに使われます。ほかの用途には使用できません。
  • 注意事項:旅券所持証明の有効期間は発行日から1年間です。ただし、証明する旅券(パスポート)の有効期限が証明書発行日より1年未満の場合は、有効期間は旅券失効日までとなります。

2.旅券所持証明を申請できる方

  日本国籍を持ち、当館管轄地域(テキサス州、オクラホマ州)にお住まいの方

3.申請方法

  • オンライン(推奨)又は窓口申請が可能です。
  • 交付希望日の1週間前までにご連絡及び申請願います。
  • 交付を受ける際は、申請人または代理人の来館が必要です。必要書類の原本をご持参ください。郵送、emailでの証明書の交付はできません(オンライン申請の場合も含む)。

 【オンライン申請】

  • 以下「3.必要書類」に掲載した全ての書類をアップロードしてください。
  • 申請人の日本国旅券、米国査証(VISA)は見開き2ページ、鮮明な等倍コピー(原寸大)のPDFファイルをアップロードしてください。(写真不可)
  • 申請から交付(審査完了)まで1週間ほど時間がかかります。(書類に不備がある場合は、さらに日数を要します。)

 【窓口申請】

  • 来館の1週間前までに必要書類全てのコピー(PDFファイル。写真不可)をメール(shomei@ho.mofa.go.jp)に送付してください。
  • 来館時、交付までに1時間ほど時間がかかります。

4.必要書類

  • 申請書(窓口申請のみ):PDF / Excel
  • 有効な日本国旅券(申請人が未成年の場合、米国査証(VISA)筆頭申請者(PA:Primary Applicant)の旅券を追加で提出)
  • 有効な米国ビザ(申請人が未成年の場合、米国査証(VISA)筆頭申請者(PA:Primary Applicant)の米国査証を追加で提出)

5.代理人申請について

  • 代理人となれるのは在留届を提出されている同一戸籍内のご家族のみです。
  • 米国査証筆頭申請者以外のご家族が代理人となる場合は、代理人及び筆頭申請者の旅券並びに米国査証の原本をご提示ください。
  • 申請人が成人の場合、事情がある場合のみ代理申請が可能です。必要書類に加え、委任状をご提出ください。(申請人が未成年の場合、委任状は不要です。

手数料・お支払い方法

  • 手数料:こちら
  • 支払い方法
    • 窓口申請:現金のみ
    • オンライン申請:クレジットカードまたは現金

ご予約・ご質問等の連絡先